プチ整形が流行しているここ日本におきましても、次第に本格的な美容整形を受ける女性が急激に増えてきています。
やはり美しさに敏感な女性は少しでも自分をキレイに見せたいということで、積極的に美容整形を受けているのです。 Qスイッチヤグレーザーはレーザー光の照射時間が非常に短くなっていますので、色素性病変治療に大変優れています。
安心して受けることができ、術時間も非常に短く身体に負担をかけてしまうこともありません。

 

レーザーの光エネルギーは、特定の色素に反応をすることによって吸収させていく性質を持っています。
徐々に破壊をしていくことで美しいお肌を取り戻すことができレーザーはメラニン色素に対して効果を発揮します。Qスイッチヤグレーザーというのは2種類の波長が存在しており、色素選択の幅が広くなっているのが大きな特徴です。
数々の悩みを改善してくれる効果的なお肌トラブルの改善方法として人気を集めています。



スイッチヤグレーザーを施術することで悩みのしみやあざを除去ブログ:17年05月23日

減量中に体重を測ると、時々、
体重は減っているのに、体脂肪率が増えている
なんてことがありますよね。

なぜ、こんなことが起こるかというと…

それは、
体質の水分が電気を通して、
その通る電気の割合で体脂肪が計算されているからなんです。

体質の水分の分布は
時間帯によって変化します。

寝ている時、体内の水分は体質の中心部に集まります。
逆に活動中は、体質の先端の方に多く分布します。

つまり、6時起きてすぐは、
水分がまだ中心部にある状態ですから、
体脂肪計の電流が通るあしや手には
水分が少ないということになります。

そのときに体脂肪率を測れば、
必然的に体脂肪率は、高めに計測されてしまいます。

立ち仕事が多かった日などは、
重力によって、水分があしの方にたまりやすくなっていますから
上に乗ってあしに電流を流すタイプの体脂肪計だと、
体脂肪率が低く計測される場合もあります。

体質の水分量や分布が一番安定しているのは、
20時の入浴から120分後ぐらいの寝る前だといわれています。

大事なのは、連日できるだけ同じ時間帯、同じ条件で測ることです。
連日、同じ体脂肪計で、同じ時間帯に、
できれば同じ条件で測ることができれば、
数値の正確な増減を知ることができます。

逆に測る時間帯もまちまち、
一週間ほど前は入浴前に測ったけど、今日は入浴後だったり、
測る条件も違ったりすると、その数値はあまり参考にはなりません。

入浴だけではなく、体操の前後なのか、ご飯の前後なのか、
揃えたい条件はたくさんあります。

なお、上に乗るタイプの体脂肪計の場合は、
両あしの膝や太ももがくっつかないように立ちましょう。

くっついていると電流の流れ方が変わって、
正確な数値が測れませんよ。