長期間まつげエクステの効果を維持する為のお手入れブログ:14年10月17日


10時の通勤では
渋滞した道路の信号待ちに邪魔されることがありますが、
おかげで、
道沿いにある会社での始業風景を眺められたりします。

皆で体操をしている会社がありました。
夏休みの子どもたちの体操と同じで、
父たちも全く迫力不足です。

うでのひじが曲がったままで、全然伸びていません。
見ていて楽しさが伝わって来ないのは、なぜでしょう?

まじめに体操をしたからといって
どうなるものでもないという気持ちが見えるからでしょう。

自分にする気がないから、
自分の肉体もしゃきっとさせられません。

他人に言われてすることや
一般的にした方が良いと言われることには、
人は消極的あるいはネガティブな反応をするものです。

一方で
自分がしようと決めたことには邁進できます。

子どもは両親の言うようには育たず、
両親がするように育つと言われています。

子どもだって両親から言われることは嫌なはずです。
子どもも自分で決めたいのです。

子どもは両親の後ろ姿の中から
自分の好きなものを自分で選び取ってまねをします。

体操も父が楽しそうにして見せれば、
子どもは自分も楽しくなろうとまねをするはずです。

父の仕事ぶりが楽しくないのは、
子どもにとって
将来を暗くする教えになってしまいます。

楽しくなる方法は、
自分が選ぶという手法でものごとを見直すことです。

させられることは疲れますが、しようとすることは疲れません。
たとえしなければならないことでも、
自分に対する期待を見つけることができれば、
楽しくなるはずです。

やる気の無い10時の体操を眺めながら、
「させられる世界からの脱出」が
父の後ろ姿だと気づきました。